ご祈祷

安産祈願

  • 妊婦の方が事故や怪我・病気などの災いにあうことなく無事に出産の日を迎え、丈夫な子供が授かりますように神様に願うご祈祷です。
  • 「戌の日」に限らずご祈祷の受付をいたしております。
  • 代理の方がご祈祷を受けられても結構です。
  • お持ちの腹帯がありましたらご祈祷の際お祓いをいたします。
  • 産泰神社では、安産祈願から始まり、お礼お宮参り・七五三・厄除祈願などと人生儀礼のご祈祷を続けて受けられる方が大変多くいらっしゃいます。

安産ご祈祷のながれ

  1. ご祈祷は祈祷殿で執り行います。
    祈祷殿入口
    祈祷殿入口
  2. ①受付

    建物内にお入りいただき、妊婦の方のご住所とお名前を記入してください。
    受付
    受付
  3. ②祈祷料

    初穂料5,000円・8,000円(お腹帯付き)からお選びください。
    ※どちらも安産お守り一式が含まれております。
    ※お腹帯は腹巻タイプのものになります。
  4. ③待合い

    お名前をお呼びするまで祈祷殿待合室にてお待ちください。
    待合室
    待合い
  5. ④お祓い

    まず神職が祓詞(はらえことば:神々の力によってさまざまの罪穢を祓い清めてもらうための祝詞)を奏上し、その後お祓いを受けます。
  6. ⑤祝詞奏上(のりとそうじょう)

    ご祈祷では、神職が神様に無事出産と元気な赤ちゃんが誕生します様、祝詞を奏上します。
    祝詞奏上
    祝詞奏上
  7. ⑥玉串礼拝(たまぐしれいはい)

    妊婦の方に「玉串(榊の枝)」をご神前にたてまつりご拝礼いただきます。ご拝礼は「二礼二拍手一礼」の作法でご拝礼ください。

    玉串の捧げ方

  8. ⑥お札の祀り方

    産泰神社の安産お札は神棚に限らずお祀りできる特別なお札です。
    ご自宅の、少し高く綺麗な場所を選び、南向きか東向きにお祀りください。
    中に取り扱いの説明書も付いております。

三つの安産パワースポット

安産のご祈祷がすみましたらこちらもお参りください。

  • 安産抜けびしゃく

    当社には江戸時代より底の抜けた柄杓を奉納するという珍しい信仰がありました。この柄杓で水をくむと水はそのまま抜けてしまいます。そのくらい楽にお産ができます様、願ったものです。願いを込めて三回水をくんでください。

    詳しく見る
  • 安産子育て戌

    戌の日に腹帯を巻き始めます。戌はお産が軽く、一度にたくさんの子供を産むことから、「安産の守り神」として親しまれそれにあやかったものです。妊婦の干支と生まれる赤ちゃんの干支を撫でてください。

    詳しく見る
  • 安産胎内くぐり

    約13万年前に出現したと言われる本殿裏の岩山に「胎内くぐり」の岩があります。古くより妊婦がくぐれば安産になると言われている安産パワースポットです。

    詳しく見る

初穂料

帯付き祈願

初穂料
  • 8千円
授与品 安産お守り一式・お腹帯

帯なし祈願

初穂料
  • 5千円
授与品 安産お守り一式

授与品は予告なく変更する場合がございます。

安産帯付き祈願(授与品)

・お守りは下記の①〜⑥までの中からお好きなお守りをお選びください。

お守り・絵馬

安産お守り

  • 安産守り 木花佐久夜毘売命 安産守り①
  • 安産守り(ピンク)天然石付き 安産守り②
  • 安産守り(赤)天然石付き 安産守り③
  • 安産守り マタニティマーク 安産守り④
  • 安産守り 桜刺繍 安産守り⑤
  • 安産守り 鞠、桜 安産守り⑥
  • お父さんにお持ちいただく安産守り 安産守り⑦
    (お父さんにお持ち頂く御守り)

安産絵馬

戌の日カレンダー

1月
8日(水)先勝
20日(月)先勝
2月
1日(土)友引
13日(木)友引
25日(火)先負
3月
8日(日)先負
20日(金)先負
4月
1日(水)大安
13日(月)大安
25日(土)赤口
5月
7日(木)赤口
19日(火)赤口
31日(日)赤口
6月
12日(金)赤口
24日(水)友引
7月
6日(月)友引
18日(土)友引
30日(木)先負
8月
11日(火)先負
23日(日)大安
9月
4日(金)大安
16日(水)大安
28日(月)先勝
10月
10日(土)先勝
22日(木)友引
11月
3日(火)友引
15日(日)仏滅
27日(金)仏滅
12月
9日(水)仏滅
21日(月)大安
Page Top