境内のご案内

境内のご案内

境内案内図 本殿 幣殿 拝殿 神門 祈祷殿 神楽殿 抜けびしゃく 子育て戌 胎内くぐり 金刀比羅宮 末社 七福神 鎮守の森 自動車お祓い所 拝見所
祈祷殿

5. 祈祷殿

神楽殿

6. 神楽殿

4月18日の産泰神社例祭では、市指定重要無形文化財の産泰神社太々神楽が奉納されます。
奉納額に明和元年(1764)のものが現存することから、長い歴史があることが伺えます。

抜けびしゃく

7. 抜けびしゃく

当社には古くから、底のないひしゃくを奉納する信仰がありました。
このひしゃくで水を汲むと、水はそのままスッーと抜けてしまいます。
そのくらい楽にお産が出来ますようにと願ったものです。
安産祈願がお済みになりましたら、お参りください。

  1. 一、初めに右手にて妊娠期間中の無事を祈り水を汲む
  2. 一、次に左手にて無事出産を願い水を汲む
  3. 一、最後に右手にて母子安泰を願い水を汲む
安産・子育て戌

8. 安産・子育て戌

日本では昔から「帯祝い」といって、妊娠五か月の戌の日にさらしの腹帯を巻いて、安産を祈る習慣があります。 戌はお産が軽く、一度にたくさんの子どもを産むことから「安産の守り神」として親しまれ、それにあやかったものです。 ご祈祷がお済みになりましたら、お参りください。

胎内くぐり

9. 安産胎内くぐり

約十三万年前、赤城山で発生した「石山土石なだれ」により出現したと言われており、古代より神々が鎮まる磐座として信仰されております。
上と下二か所に「胎内くぐり」という岩があり、妊婦がくぐれば安産になると言われております。
ご祈祷がお済みになりましたら、岩をくぐりお参りください。
山頂には縁結びの神「大黒天」の石宮が祀られいます。

金毘羅宮

10. 金刀比羅宮

御祭神:大物主命
御神徳:家内安全・運気向上
文化七年建立 大工棟梁 矢崎久右衛門元形
「琴高」「黄安」「通玄」「林霊素」などの彫刻が社殿を飾っています。

末社

11. 末社

大山祇神社(主祭神木花佐久夜毘売命の親神様)/日枝神社(産業発展の神様)/絹笠神社(養蚕・穀物の神様)/秋葉神社(火防の神様)/愛宕神社(火防の神様)/稲荷神社(衣食住の神様)/二柱神社(国生みの夫婦神様)/厳島神社(芸術・音楽の神様)/菅原神社(学問の神様)/大国神社(縁結びの神様)

七福神

12. 七福神

福禄寿(長寿)、恵比寿(繁盛)、弁財天女(知恵)、大黒天(開運)、毘沙門天(財宝)、布袋和尚(円満)、寿老人(健康)の七神様が宝船に乗っています。
家内安全・金運向上

鎮守の森

13. 鎮守の森

産泰神社では、平成11年よりシラカシ・アラカシ・アカガシ・スダジイ・マテバシイ・サカキ・ヤブツバキ等、この土地本来(潜在自然植生)の樹木を植え、鎮守の森(環境保全林)を復元中です。
今は小さな照葉樹林ですが、やがて大きな森になるよう大切に育てています。

自動車お祓いどころ

14. 自動車お祓い所

お車やバイクのお祓いをし、運転なさる方の交通安全祈願を行います。

拝見所

15. 拝見所

お守り頒布所

Page Top