神門   県指定重要文化財

*

 神門は、三間一戸八脚門、入母屋造、正面唐破風付の建物で棟札によると 「奉新尓造上随神門成就上棟之所  神主鯉登豊前守藤原富房  天保四年癸巳三月吉日」とあり本殿より遅れること七十年後に建立されました。他の三棟の建物が彩色が施されているのにたいして白木の建物です。