安産・子育て戌

*

 日本では昔から「帯祝い」といって、妊娠五か月の戌の日にさらしの腹帯を巻いて、安産を祈る習慣があります。
 戌はお産が軽く、一度にたくさんの子どもを産むことから「安産の守り神」として親しまれ、それにあやかったものです。



*

 祈願がお済みになりましたら、お参りください。



安産

 妊婦の方の干支とお生まれになるお子様の干支を願いを込めて撫でていただきます。

 ⇒ 安産祈願のページへ


子育て

 お生まれになったお子様の干支を願いを込めて撫でていただきます。

 ⇒ お礼・お宮参りのページへ
 ⇒ 七五三参りのページへ