本殿   県指定重要文化財

*

 本殿は、一間社入母屋造、妻入り、向拝一間の建物で棟札によると「宝暦十三年癸未四月二十三日  奉造立産泰大明神 神主 小糸豊前守藤原忠安 年五十一才乃建立」とあります。
 全体が多くの彫刻により飾られており、上段には二十四考の「老來子」と「唐婦人」背面には謡曲の「高砂」の彫刻があります。また、下段には唐子遊びや水鳥等の彫刻があります。



幣殿   県指定重要文化財

*

 幣殿は、正面一間切妻造、側面二間、妻入の建物で、建立年代は棟札等が無く不明ですが内部格天井に描かれている源氏物語の絵師が拝殿と同じため、同年代の建立と思われます。両側には鯉の滝登りの彫刻があります。



拝殿   県指定重要文化財

*

 拝殿は、正面三間、側面二間、入母屋造の建物で棟札によると「産泰大神宮奉造替御拝殿成就 神主 従五位藤原恭富(鯉登恭富)文化九年壬申八月十三日」とあります。またこの時恭富は、鯉が小糸川を登る夢をみて氏を小糸から鯉登に改めました。内部格天井には百十二枚の花鳥の絵が描かれており江戸下谷の壽笑亭泉一重・増田村の久川恵水等の絵師の名があります。大工棟梁は信州諏訪の大隅流矢崎久右衛門 元形です。